<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 検査後のおりもの。 | main | もうすぐ出産の親友に、 >>
■スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | |
■10月14日 はじめての、じんこうじゅせい。
卵管の検査のとき、卵管が通ってるの確認したうえで先生に、タイミングするか人工授精するかを確認されていて。
ここでタイミングしててももう仕方ないだろうという思いから人工授精を選択した。
ていうか、そもそも病院変える時の目的が体外だったというのもあるので、旦那様は、中途半端な確立で人工授精をするよりも、もう早く体外にいったほうがいいんじゃないか?と思ってるみたいなんだけど。ていうかもうそれ押しされるんだけど。。
検査の結果がそんなに悪くなかったので、私としては段階踏んで人工授精したいと。
だって体外・・・怖いし。。(それだけじゃないけどさ)

3時半に予約して、でも旦那さんの精液を培養するらしくその時間がいるから2時半に来てくださいと言われ。
1時半に仕事終りダッシュで病院へ。
2時半までに入ったけど、結局内診室に入ったのは4時まえくらいかな?
もー慣れるっきゃないけど、一緒に行った旦那さまがずっと文句言うててうるさかった。笑

そして人口受精。
「じゃ、人工授精しますね~」から始まって、卵管検査みたいになんか管入れてるみたいな気配。
でもなんか子宮の向きが悪くてはいらないみたいで、子宮の位置確認しまーす。・・・のグリグリが痛かった!
プシューって息をしてると先生、もうちょっとだから頑張ってねー。と子供のごとく元気づけられ耐える数分。
管が入ればあとはプシュップシュッとスポイトみたいな音がして、あっという間に終了。
それから卵胞の確認して、内診室を退出。
内診室に入ってから人工授精をするまでに、3,4回名前を確認されて、だから何回も言うとるやんか!と思ったけど、でもそういえばそうだよね。もし人が違ってたら、違った人に違った人の精子を入れることになるんだから、そりゃ確認するわー。

内診室出たら旦那さんが「ほんで人工授精はいつできるん」て聞くから、「もう終わったよ」って応えたら「うそやん!マジで!いままでの待ち時間の割に・・・(割愛)」
その後診察室に呼ばれて先生に検査の結果とか改めていろいろ聞きました。
結果、今のところなんも、問題なしらしい。
卵巣の年齢?もちょっと実年齢より年とってるかなーて感じだったけど、妊娠出来ないほどではないし。
じゃあなんで妊娠できないの〜?と、不確かなことを明るくするためにいろんな検査受けたのに、益々疑問が膨らんでしまった感じ。。ほんとに神様に祈るしかないのか〜?

結局最後にHCG10000を打って排卵を促し、検査後の抗生剤と黄体期たすける薬をもらって修了。
しかし、
今までHCG5000までは打った気がするけど、10000は初めて。
さすがに家帰ってから気持ち悪かったわ〜。
 
| comments(0) | - | 不妊治療のきろく | 22:05 |
■スポンサーサイト
| - | - | - | 22:05 |
コメント
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。