<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 10月10日 不妊治療してる友達とのランチ。 | main | 検査後のおりもの。 >>
■スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | |
■10月11日 卵管造影検査。
先日友達にあったときは友達が、
「あー私も受けたけど、まあちょっと痛かったかなー。
おなかグリグリされてるなーって感じだったよ。
前の人は叫んではったけど。叫ぶほどか?って思った」

って言ってた。
え・・・・叫んでたの?(・・;)
でもそんなに痛くないの?どっちなの?私は友達派?友達の前の人派?!

子宮まで細い管を通して、
造影剤を入れて卵管が通ってるかどうか見る検査なんだけど。
話は本で読んだり聞いたりしてるから、
もう怖くてドキドキして前の日眠れないくらいでさ。
だってほんま痛いの弱いねん、嫌いやねん。
そんな私に、
「痛いのに弱い方は、一時間前に痛みどめ飲んどいてください」
って看護師さんは言うねんで!
マジか!それって若干麻酔の要素入ってるよね!?って思うやん!
しかも結局痛みどめ飲むの忘れて行ってしもて、

結果。。

友達の前の人派でした・・・・沈。

めっ・・・・・さ痛かったし!!!泣
最初寝台の上で「はい管入れていきますね〜〜」もずきずきして歯を食いしばってたし、
レントゲンの上で「造影剤入れていきますね〜〜」のときにはもう、
「痛っっっった!!!!!!・・・・・いですね。。。」
と思わず叫んでしまい、ハズカシさに丁寧になってしまうという有様。。泣
写真撮ってからも痛みの余韻で硬直してたら、
先生が肩をぐっと掴んで「大丈夫ですか!?」と私を覗き込んだのに、
思わずときめいてしまったほどです。。

痛みを耐えるか耐えられないかは、個人差だと思います。
実際友達は耐えられたし。(まあ私も中止するほどではなかったんだけど)
しかしこの調子では私、運よく妊娠できたとしても、出産できるかどうか・・・・
初めてその不安が現実になってきた瞬間(かも)でした。

検査の結果は、2度目の写真のときに立ち話で先生にちらっと聞いたけど、
とくに問題なし。卵管はちゃんと通っているとのことでした。

 
| comments(0) | - | 不妊治療のきろく | 15:58 |
■スポンサーサイト
| - | - | - | 15:58 |
コメント
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。